<![CDATA[動画スクール PAVIOS - ブログ]]>Tue, 11 Jun 2024 15:13:42 +0900Weebly<![CDATA[形ができてない動画 ~MC誰やねん~]]>Mon, 10 Jun 2024 07:30:47 GMThttp://jp-pavios.com/blog/-mc
動画には、形というものが存在します。
どんなに斬新で新しいと思える動画も、きちんとした形に収まっているからこそ、理解できる動画になります。
 
しかし、形になっていないと分かりにくく理解できない。
あるいは、理解はできるけれどどこか違和感がある…といった動画になります。
 
では、形ができていない動画とはどんな動画か、今日はその一例をご紹介します。
 
「MC誰やねん動画」
 
例えば、出演者3人がトークを展開していく動画があったとします。
その場合、必ず進行役が必要です。
テレビを観ると、大体その進行役はアナウンサーやいわゆるMCのできる芸人が務めます。
ただ、企業の小規模動画などでは、社員がMCを務める、
あるいは、専門家の対談などでは専門家の一人が進行役を務めるといったことがあります。
なぜなら、ある程度の知識がないとMCとしてそもそも成立しないからです。
たしかに、専門的な知識がある方が、気の利いた質問もできるし、次にどんな話をしてもらおうか、専門的見地から進めることができます。
 
動画はほとんどの場合、分からない人に分かるように説明する役割を担っています。
しかし、そのジャンルに精通した人ばかりが集まり進行役までスペシャリストですと、いわゆる知っている者同士の会話になり、視聴者が置いていかれるという懸念があります。
 
さらに、進行役であるはずの人が、いきなり、説明側に回ったりしたらもう大変です。
 
視聴者は、誰がMCか、進行がどうか…というきちんとした意識はないかもしれませんが、
もやもやとした違和感を感じるはずです。
 
そして、視聴者の疑問に寄り添う人が誰もいなくなるので、結果的に分かりにくい、伝わらない動画になってしまいます。
 
まとめ
 
今回は、「MC誰やねん」の動画についてお話ししました。
これは、動画の形ができていない一例に過ぎません。
動画の形をしっかり学ぶことが、動画制作上達の第一歩かもしれません。
 
<Information>
動画スクールPAVIOSでは、
企業内製化を目指す企業様向けの講座として、
「動画編集リスキリング講座」をご用意しています。
こちらは、助成金に対応した講座となっています。
助成金を申請し、採択された場合、
75%の経費助成が可能です(大企業 60%)
助成金を活用できれば、教育にかかる費用を大幅に軽減できます。
 
詳しくはこちら。
https://jp-pavios.com/reskilling.html
 
 
#助成金,#リスキリング,#企業,#動画編集,#事業展開等リスキリング支援コース,#人材開発支援助成金,#企業研修,#動画スクールPAVIOS,#動画スクール,#中央線沿線,#三鷹市,#立川市,#武蔵野市,#小金井市,#国立市,#国分寺市,#調布市,#西東京市,#杉並区,#中野区,#世田谷区,#動画制作,#映像,#映像制作

]]>
<![CDATA[強い絵 弱い絵]]>Thu, 06 Jun 2024 14:32:38 GMThttp://jp-pavios.com/blog/1382598
テレビ番組を作っているときに、プロデューサーからこんな言葉を言われることがあります。
 
「これ、絵が弱いね」
逆に「この絵は強いから、活かせるように構成して」なんて言われます。
 
そこで、今日は「弱い絵」と「強い絵」についてお話しします。
 
まず、「弱い絵」とは、言い換えると「つまらない」「単調」「よく観たことがある」といった映像です。
例えば、皆さんの家の前をただ映している防犯カメラの映像があったとします。
ただ、人が通るだけの何の変哲もない映像だとしたら、1分観るのも苦痛でしょう。
インパクトがなくて、人の印象に残らない映像はすべて「弱い絵」に分類されます。
 
その防犯カメラに取っ組み合いのけんかをする人が映っていたとしたら、
同じ場所で同じアングルの映像であっても、強い絵になります。
「出来事」や「事件」が起こると、絵に強さが出てきます。
 
よくバズる動画、バズらない動画という表現が使われますが、
少なくとも私は、確実にバズる動画を作る方法を知りません。
ただ、人々の関心をひいたり、どんな風に作れば興味をひくことができるかについては、
テレビ番組制作を通して必死に勉強してきたつもりです。
 
その観点でいうと、バズる可能性を高める動画とは、「強い絵」の動画をいかに作ることができるか、だと考えます。
 
前述の「事件」や「出来事」は確実にバズる可能性のある「強い絵」ですが、そうそうそんな映像を撮影することはできません。
だからといって、意図的に作り出すといわゆる「迷惑系」になりかねません。
 
ならば、どんな風に作るか。
分かりやすい方法としては、二つです。
 
1つは、人(キャラクター)で「強い絵」を作る。
大したことをしていなくても、画面に出るだけで面白い人がいます。
反対に、どれほど企画が面白くても、キャラが立っていないと弱い絵になります。
 
2つ目は、日常では観られない映像かどうかです。
田舎でのスローライフや大自然の映像は美しさもありますが、それ以前に、都市部に暮らす人たちにとって、観たことのない風景だから強い絵になるのです。
反対に言うと、都市部でも観られる映像であれば、撮影した場所が田舎でも「弱い絵」になります。
 
最後に、誰も観たこともない「強い絵」を撮影することなどなかなかできません。
ほとんどの場合、ストーリーテリングで強く見せる工夫をしなければなりません。
 
素材が多少弱くても、いかに強く見せるか。
それが動画制作者の腕の見せ所になると、私は思います。
 
<Information>
動画スクールPAVIOSでは、
企業内製化を目指す企業様向けの講座として、
「動画編集リスキリング講座」をご用意しています。
こちらは、助成金に対応した講座となっています。
助成金を申請し、採択された場合、
75%の経費助成が可能です(大企業 60%)
助成金を活用できれば、教育にかかる費用を大幅に軽減できます。
 
詳しくはこちら。
https://jp-pavios.com/reskilling.html
 
 
#助成金,#リスキリング,#企業,#動画編集,#事業展開等リスキリング支援コース,#人材開発支援助成金,#企業研修,#動画スクールPAVIOS,#動画スクール,#中央線沿線,#三鷹市,#立川市,#武蔵野市,#小金井市,#国立市,#国分寺市,#調布市,#西東京市,#杉並区,#中野区,#世田谷区,#動画制作,#映像,#映像制作
]]>
<![CDATA[動画編集 クラウドソーシングの危険性]]>Mon, 03 Jun 2024 02:03:49 GMThttp://jp-pavios.com/blog/9877941
 クラウドソーシングは、多くのフリーランサーにとって魅力的な選択肢となっています。動画編集者としてポートフォリオを作成し、クラウドソーシングプラットフォームに登録することで、世界中のクライアントとつながることが可能です。しかし、その反面、多くの危険性や課題も存在します。この記事では、クラウドソーシングの危険性と、それを回避するための具体的なアドバイスを提供します。
 
クラウドソーシングの危険性
1. 実績ゼロの難関
クラウドソーシングプラットフォームに登録したばかりの動画編集者は、実績ゼロからスタートします。多くのクライアントは、過去の実績やレビューを重視するため、新規登録者が仕事を獲得するのは非常に難しいです。実績のない状態では、信頼性やスキルを証明する機会が少なく、初仕事にたどり着くまでに時間がかかることが多いです。
 
2. 低賃金の仕事
運良く仕事を獲得できたとしても、クラウドソーシングプラットフォーム上では、最低賃金以下の低賃金の案件が多く見られます。これは、競争が激しく、経験の少ない編集者が安価で仕事を引き受けるため、全体の賃金が下がる傾向にあるためです。このような低賃金の仕事は、労力に見合わない報酬となりがちで、モチベーションの低下や疲弊を招きます。
 
友人や仲間からの依頼でスタート
クラウドソーシングでの苦労を避けるためには、まずは身近な友人や仲間から動画制作の依頼を受けることをおすすめします。以下に、その理由とメリットを紹介します。
 
1. 実績作りの第一歩
友人や仲間の動画を無料で制作することで、実績を積むことができます。これらの実績は、ポートフォリオに掲載することで、後々のクラウドソーシングでの仕事獲得に役立ちます。無料でも、最初のうちは経験と実績を積むことが重要です。
 
2. 信頼関係の構築
知り合いからの依頼であれば、信頼関係が既に構築されているため、仕事がスムーズに進みやすいです。また、クライアントとのコミュニケーションも取りやすく、フィードバックをもらいやすい環境が整っています。
 
手厚い副業支援を行っている動画スクールの活用
動画編集のスキルをさらに磨くためには、手厚い副業支援を行っている動画スクールを活用することが重要です。以下のポイントに注意してスクールを選びましょう。
 
1. 講師の経歴
講師の経歴が豊富なスクールを選びましょう。業界経験が豊富な講師から学ぶことで、実践的なスキルやノウハウを習得することができます。講師の実績やキャリアを確認し、その道のプロから指導を受けることが重要です。
 
2. 副業支援の内容
副業支援が充実しているスクールを選びましょう。
具体的には、案件紹介が行われるのか。作品の添削を真摯に行ってくれるのか、などがチェックポイントです。
 
3. 実践的なカリキュラム
実践的なカリキュラムを持つスクールを選びましょう。単なる技術の習得だけでなく、ストーリーテリングやクライアント対応など、実際の仕事に必要なスキルを学ぶことができるカリキュラムが重要です。
 
結論
クラウドソーシングには、多くの可能性がある一方で、実績ゼロの状態からスタートすることや低賃金の仕事が多いなどの危険性も伴います。まずは友人や仲間の動画制作から始め、実績を積むことが成功への近道です。また、手厚い副業支援を提供する信頼できる動画スクールで学び、技術だけでなくストーリーテリングのスキルを磨くことが重要です。こうした準備を通じて、クラウドソーシングでも競争力のある動画編集者として活躍できるようになります。
 
 
<動画スクールPAVIOS>
動画スクールPAVIOSでは、初心者から副業まで手厚く支援する体制を整えています。
現役テレビディレクターが指導し、運営母体が動画制作会社なので、案件紹介も期待できます。
 
まずは、無料相談を。
 
https://jp-pavios.com/consultationfoam.html
 
 
<Information>
動画スクールPAVIOSでは、
企業内製化を目指す企業様向けの講座として、
「動画編集リスキリング講座」をご用意しています。
こちらは、助成金に対応した講座となっています。
助成金を申請し、採択された場合、
75%の経費助成が可能です(大企業 60%)
助成金を活用できれば、教育にかかる費用を大幅に軽減できます。
 
詳しくはこちら。
https://jp-pavios.com/reskilling.html
 
#クラウドソーシング,#副業,#副業支援,#助成金,#リスキリング,#企業,#動画編集,#事業展開等リスキリング支援コース,#人材開発支援助成金,#企業研修,#動画スクールPAVIOS,#動画スクール,#中央線沿線,#三鷹市,#立川市,#武蔵野市,#小金井市,#国立市,#国分寺市,#調布市,#西東京市,#杉並区,#中野区,#世田谷区,#動画制作,#映像,#映像制作
]]>
<![CDATA[動画を仕事にするために 観ておくべきYouTubeチャンネル]]>Thu, 30 May 2024 06:45:54 GMThttp://jp-pavios.com/blog/-youtube
動画制作を仕事にするためには、ただ派手で見た目に格好いい動画を観るだけでは不十分です。実際の仕事では、クライアントの多くが企業であり、ビジネスの理解や市場の動向把握が求められます。また、複雑な内容を分かりやすく伝えるスキルも重要です。そこで、以下に挙げるYouTubeチャンネルは、ビジネスの知識を深め、知的好奇心を刺激する動画を提供しています。これらのチャンネルを観ることで、実務に直結するスキルや知識を身につけることができます。
 
1. PIVOT
https://www.youtube.com/@pivot00
PIVOTは、経済やビジネスのトピックを深掘りする動画を提供しています。このチャンネルでは、最新の経済動向やビジネス戦略についての解説が豊富です。動画は専門的な内容を扱いながらも、分かりやすく構成されているため、視聴者の知的好奇心を刺激します。企業クライアント向けの動画制作に必要な、ビジネスの知識を深めることができます。
 
2. NewsPicks
https://www.youtube.com/@NewsPicks
NewsPicksは、経済やビジネスニュースを取り上げる人気チャンネルです。ニュース解説に加えて、著名なビジネスリーダーや専門家とのインタビューも多く、業界の最新トレンドを知ることができます。難解な経済用語やビジネスコンセプトを分かりやすく解説するスタイルは、動画制作においても役立つスキルです。クライアントが求める情報を効果的に伝えるための参考になります。
 
3. リハック(ReHacQ)
https://www.youtube.com/@rehacq
リハックは、テクノロジーとビジネスの交差点をテーマにしたチャンネルです。最新のテクノロジートレンドやビジネスモデルの革新について、深掘りした内容を提供しています。動画制作においても、テクノロジーの理解は重要であり、リハックのコンテンツはその理解を深めるのに最適です。また、難しい技術的な内容を視聴者に分かりやすく伝えるスキルも学べます。
 
結論
動画制作を仕事にするためには、単なる視覚的なスキルだけでなく、ビジネスの知識や市場の動向を把握する力が求められます。PIVOT、NewsPicks、リハックといったYouTubeチャンネルは、ビジネスやテクノロジーの最新情報を提供し、複雑な内容を分かりやすく伝えるスキルを学ぶのに最適です。これらのチャンネルを観ることで、クライアントのニーズに応えるための知識と技術を磨き、動画制作のプロフェッショナルとして一歩前進することができるでしょう。
 
 
<Information>
動画スクールPAVIOSでは、
企業内製化を目指す企業様向けの講座として、
「動画編集リスキリング講座」をご用意しています。
こちらは、助成金に対応した講座となっています。
助成金を申請し、採択された場合、
75%の経費助成が可能です(大企業 60%)
助成金を活用できれば、教育にかかる費用を大幅に軽減できます。
 
詳しくはこちら。
https://jp-pavios.com/reskilling.html
 
 
#助成金,#リスキリング,#企業,#動画編集,#事業展開等リスキリング支援コース,#人材開発支援助成金,#企業研修,#動画スクールPAVIOS,#動画スクール,#中央線沿線,#三鷹市,#立川市,#武蔵野市,#小金井市,#国立市,#国分寺市,#調布市,#西東京市,#杉並区,#中野区,#世田谷区,#動画制作,#映像,#映像制作
]]>
<![CDATA[動画制作に向いている人は? 動画担当者の人選]]>Wed, 29 May 2024 05:29:35 GMThttp://jp-pavios.com/blog/9050669動画部門強化するために、社内に専任の担当者を…と考えたとき、安易に若手を登用して失敗するケースがあります。 動画に取り組むにあたり、Instagramの撮影を各部門で行い、その取り組みや動画のクオリティをチェックする、あるいは、送別会動画を希望者に複数人作ってもらう…など、適任者を見極める仕掛けをすると、人選しやすいかもしれません。

上記の内容をYouTubeチャンネルで解説しています。
お時間のある方は、ご覧ください。
]]>
<![CDATA[動画教育について思うこと]]>Sun, 26 May 2024 12:59:37 GMThttp://jp-pavios.com/blog/2262125Picture
昨年度から新規事業で動画教育をはじめました。
この一年、事業を行ってみて感じたこと、思いを綴ろうと思います。
 
1年事業を行ってみて痛切に感じたのは、動画スクール講師の待遇の低さです。
とある教育機関で「動画編集を教えませんか?」とオファーをいただきましたが、時給の低さに驚きました。
(金額は申し上げませんが…)
 
どうやらオンラインなどで教えている人が、「○○学校講師」の肩書を得るために安価でも引き受けるらしく、値崩れしているようです。
私も動画スクールを経営しているので、機材や編集ソフトなどコストが掛かるのは分かります。
しかし、肝心の教える人材に投資しなくて、よい教育ができるのか。疑問に感じました。
 
ここのところ、ビジネス交流会などでいろいろな方にお話をさせていただく機会があるのですが、
その中で
「動画の単価が落ちているので、私の知っているテレビ制作会社でもスクールのようなことを始めました」
というお話を伺いました。
 
正直、志が低いな、と思ってしましました。
 
確かに、ここ数年の動画制作の単価は落ちています。
ただ、私が動画スクールを始めた理由は、動画制作の単価が落ちたからでは断じてありません。
 
動画の時代と言われ、動画があふれるようになった今こそ、その質の向上について真剣に向き合わなければならない、と考えたからです。
動画は誰かに観られるものです。
動画制作者は、無意識に人の心に影響力のあるものを作っている…
その意識を、常に持たなければならないと私は考えます。
 
それが、SNSであれ、イベントで一度しか観られないインナーの動画であれ、人様に視聴していただく以上は、しっかりと作る努力をすべきだと私は考え、動画スクールをつくりました。
 
私が行っているスモールビジネスは、動画教育においてほんの些細な影響しか与えられないことは分かっていますが、やらなければゼロです。
でも、動けば、少しずつでも変えることができるように思うのです。
 
蟻の一穴となることを願いつつ、今日も地道に歩んでおります。
 
<Information>
動画スクールPAVIOSでは、
企業内製化を目指す企業様向けの講座として、
「動画編集リスキリング講座」をご用意しています。
こちらは、助成金に対応した講座となっています。
助成金を申請し、採択された場合、
75%の経費助成が可能です(大企業 60%)
助成金を活用できれば、教育にかかる費用を大幅に軽減できます。
 
詳しくはこちら。
https://jp-pavios.com/reskilling.html
 
 
 
#助成金,#リスキリング,#企業,#動画編集,#事業展開等リスキリング支援コース,#人材開発支援助成金,#企業研修,#動画スクールPAVIOS,#動画スクール,#中央線沿線,#三鷹市,#立川市,#武蔵野市,#小金井市,#国立市,#国分寺市,#調布市,#西東京市,#杉並区,#中野区,#世田谷区,#動画制作,#映像,#映像制作

]]>
<![CDATA[社内動画制作チームの育成方法とポイントは?]]>Wed, 22 May 2024 13:13:24 GMThttp://jp-pavios.com/blog/8822438
動画スクールPAVIOSの大林です。
 
現役テレビディレクターとしてテレビ番組を制作しながら、企業の動画制作支援なども行っています。
そこで、今日は企業内で動画制作チームを構築し、育成していくためにはどのようにすればよいかについて解説します。
 
社内動画制作チームを効果的に育成するためのポイントは、以下の通りです。
 
■専門教育の活用
チーム創設期においては独学で学ぼうとせず、動画制作の専門教育機関やスクールの力を借りましょう。これにより、基本的な撮影技術や編集技術を迅速に習得し、チーム全体のレベルアップを図ることができます。
 
■ストーリーテリングの重視
撮影技術や編集効果に捉われるのではなく、ストーリーテリング能力を重視しましょう。良い動画は単なる技術の積み重ねではなく、感情やメッセージを伝えるストーリーが重要です。ストーリーテリング力を養うためのワークショップやトレーニングを定期的に実施しましょう。
 
■メンタリングシステムの構築
コアメンバーを選定し、彼らをメンターとして活用しましょう。新人や経験の浅いメンバーに対して、メンターが指導やフィードバックを行うことで、スキルの向上を促進します。独自の育成スキームを構築し、経験豊富なメンバーと新人との間で知識や経験を共有する仕組みを整えましょう。
 
■社内での動画の有効性の周知
社内で動画が有効なツールであることを周知しましょう。効果的なプレゼンテーションや啓発活動を通じて、動画が情報伝達やブランディングに与える影響を明確に示し、チームメンバーのモチベーション向上につなげましょう。
 
動画スクールPAVIOSでは、動画制作の内製化を目指す企業様向けの講座として、
「動画編集リスキリング講座」をご用意しています。
こちらは、助成金に対応した講座となっています。
助成金を申請し、採択された場合、
75%の経費助成が可能です(大企業 60%)
 
詳しくはこちら。
https://jp-pavios.com/reskilling.html
 
助成金や講座の内容を直接聞きたい。
という方には、無料オンラインセミナーを開催します。
 
日時
2024年5月29日(水)14:00-14:30
 
お申し込みは、こちら。
https://jp-pavios.com/setumeifoam.html
 
 
#助成金,#リスキリング,#企業,#動画編集,#事業展開等リスキリング支援コース,#人材開発支援助成金,#企業研修,#動画スクールPAVIOS,#動画スクール,#中央線沿線,#三鷹市,#立川市,#武蔵野市,#小金井市,#国立市,#国分寺市,#調布市,#西東京市,#杉並区,#中野区,#世田谷区,#動画制作,#映像,#映像制作
]]>
<![CDATA[動画制作の内製化が企業組織に与える影響は?]]>Mon, 20 May 2024 06:53:12 GMThttp://jp-pavios.com/blog/7799760
動画スクールPAVIOSの大林です。
 
現役テレビディレクターとしてテレビ番組を制作する傍ら、企業の動画制作支援なども行っています。
そこで、今日は動画制作を内製化した場合、企業組織にどのような影響を与えるかお話ししたいと思います。
 
動画制作の内製化は、企業組織に多くの影響を与えます。
例えば、業務効率化、商品・サービスのPR、士気向上、さらにはスキルの向上につながります。
 
まず、業務効率化についてお話します。
外部の制作会社に依存せずに動画制作を行うことで、スケジュールや予算の柔軟な管理が可能になります。制作プロセスが透明化され、社内の連携やコミュニケーションがスムーズになります。その結果、制作期間の短縮やコスト削減が実現し、効率的な業務運営が可能となります。
 
次に、商品やサービスのPRにおいても内製化は重要です。自社で動画制作を行うことで、製品やサービスの魅力をより的確に伝えることができます。内製化によって、企業独自のスタイルやメッセージが表現され、顧客とのコミュニケーションが強化されます。また、動画は視覚的な情報を伝えるため、視聴者の興味を引きやすく、効果的なPRツールとなります。
 
さらに、動画制作の過程で自社のサービスや商品を客観的に知ることができるため、理解度が深まります。制作過程で商品やサービスの特徴や利点を分析し、伝えるためのアプローチを考えることで、従業員は製品やサービスについてより詳細に理解することができます。これにより、顧客との対話や問い合わせにも的確に対応できるようになります。
 
また、内製化は社内の士気向上にも役立ちます。従業員が自社の製品やサービスに関わる動画を制作することで、自身の仕事への意欲や誇りが高まります。自分たちの手で作り上げた動画が企業の成果につながることを実感することで、チームの結束力やモチベーションが向上します。
 
最後に、動画制作を徹底的に学ぶことで、企画力や文章力、表現力が身につきます。制作に携わることでストーリーテリングや映像表現の技術が向上し、よりクリエイティブなアプローチが可能となります。これは企業全体の成長にも繋がり、競争力の強化につながります。
 
 
動画スクールPAVIOSでは、企業内製化を目指す企業様向けの講座として、
「動画編集リスキリング講座」をご用意しています。
こちらは、助成金に対応した講座となっています。
助成金を申請し、採択された場合、
75%の経費助成が可能です(大企業 60%)
 
詳しくはこちら。
https://jp-pavios.com/reskilling.html
 
助成金や講座の内容を直接聞きたい。
という方には、無料オンラインセミナーを開催します。
 
日時
2024年5月29日(水)14:00-14:30
 
お申し込みは、こちら。
https://jp-pavios.com/setumeifoam.html
 
 
#助成金,#リスキリング,#企業,#動画編集,#事業展開等リスキリング支援コース,#人材開発支援助成金,#企業研修,#動画スクールPAVIOS,#動画スクール,#中央線沿線,#三鷹市,#立川市,#武蔵野市,#小金井市,#国立市,#国分寺市,#調布市,#西東京市,#杉並区,#中野区,#世田谷区,#動画制作,#映像,#映像制作
 
]]>
<![CDATA[現役テレビディレクターが教える企業で動画制作を内製化する成功の法則は?]]>Thu, 16 May 2024 14:22:14 GMThttp://jp-pavios.com/blog/4403038
近年は、数多くの動画スクールがありますが、テレビのレギュラー番組を持っている現役ディレクターが直接教えているスクールはほとんどありません。
こちらでは、当スクールの講師・現役テレビディレクターの大林が動画制作に関する情報を発信していきます。
 
今回は、企業動画内製化について取り上げます。
内製化とは、会社が自前で動画制作を行うことを指します。
その成功の法則を専門的な視点からわかりやすく解説します。
 
動画制作の内製化に成功するためには、以下のポイントが重要です。
 
1) 戦略の明確化
まず、動画制作の目的と目標を明確にしましょう。それはブランド認知度の向上、製品の説明、顧客の教育など、具体的で明確な目的が必要です。そして、その目的に基づいて、どのような動画を制作するか、どんなストーリーテリングやコンテンツを盛り込むかを戦略的に検討しましょう。
 
2) 優れたストーリーテリング
テレビディレクターの視点から言うと、ストーリーは非常に重要です。視聴者を引き込み、興味を持たせるためには、魅力的なストーリーが欠かせません。動画の冒頭で視聴者の興味を引く、ストーリー展開が自然でわかりやすい、感情移入しやすいキャラクターやシチュエーションを活用するなど、ストーリーテリングの技術を磨きましょう。
 
3) プロフェッショナルな機材と技術
内製化するには、優れた撮影機材や編集ソフト、そしてその使い方を熟知したスタッフが必要です。
カメラの選定や音声の質など、プロフェッショナルなレベルで動画制作ができるようになるために、十分な訓練と技術の習得が欠かせません。
 
4) 効果的なプロジェクトマネジメント
動画制作は複雑なプロセスです。スケジュール管理、予算管理、チームコミュニケーションなど、プロジェクトマネジメントのスキルが求められます。ディレクターとしては、全体の進行状況を把握し、スムーズに制作を進めるための計画立案や調整が重要です。
 
5)定期的な改善と評価
完成した動画を公開した後も、その効果を定期的に評価し、改善点を見つけ出しましょう。
視聴者のフィードバックや再生回数、クリック率などのデータを分析し、次回の動画制作に活かしていくことが成功の鍵です。
 
これらのポイントを意識しながら、内製化された動画制作チームはより効率的で高品質な動画を生み出し、企業のビジネスに貢献することができるでしょう。
 
動画スクールPAVIOSでは、ストーリーテリングを盛り込んだテレビディレクターならではの講座「動画編集リスキリング講座」をリリースしました。
こちらは、助成金に対応した講座となっています。
助成金を申請し、採択された場合、
75%の経費助成が可能です(大企業 60%)
 
詳しくはこちら。
https://jp-pavios.com/reskilling.html
 
助成金や講座の内容を直接聞きたい。
という方には、無料オンラインセミナーを開催します。
 
日時
2024年5月29日(水)14:00-14:30
 
お申し込みは、こちら。
https://jp-pavios.com/setumeifoam.html
 
<継続支援>
また、動画制作の体制構築には、講座だけでは足りないケースも出てきます。
「撮影」や「制作体制の構築」、「定期的な改善と評価」支援プログラムもご用意しています。
 
 
#助成金,#リスキリング,#企業,#動画編集,#事業展開等リスキリング支援コース,#人材開発支援助成金,#企業研修,#動画スクールPAVIOS,#動画スクール,#中央線沿線,#三鷹市,#立川市,#武蔵野市,#小金井市,#国立市,#国分寺市,#調布市,#西東京市,#杉並区,#中野区,#世田谷区,#動画制作,#映像,#映像制作
 
 
]]>
<![CDATA[対面型動画スクールのメリットと効果]]>Mon, 13 May 2024 13:42:51 GMThttp://jp-pavios.com/blog/7128955
動画スクールPAVIOSは、対面型の動画スクールです。
近年、オンラインでの動画スクールが増えている中、動画編集に関しては対面型であることにこだわりました。
その理由と対面型のメリットと効果についてお話しします。
 
大前提として当スクールの講師は、テレビ番組の制作をしている現役のテレビディレクターであるということです。数多くの動画スクールがある中、現役のテレビディレクターに直接指導を受けることができるスクールはほとんどありません。こうしたストロングポイントを考慮した上で、対面型動画スクールの効果は、以下のような点で特に高いと言えます。
 
1. リアルタイムでのフィードバック
直接指導することで、作品に対するリアルタイムのフィードバックを受けることができます。自分の制作物をすぐに評価し、改善点を把握することができます。直感的な操作やテクニックの理解も早く、自己学習だけでは得られない高度なテクニックも短期間で習得できます。
 
2.実践的なスキル習得
講師が操作をしながら教えてくれるため、実際の制作現場と同様の状況でスキルを磨くことができます。実践的なトレーニングを通じて、リアルなシーンに対応する力やクリエイティブな発想力を養うことができます。
 
3. ネットワークの構築
現役テレビディレクターと直接指導を受け関係性を構築できるので、業界のネットワークを広げるチャンスや、他のクリエイターとのコラボレーションが生まれる可能性もあります。これは将来のキャリア形成にとって非常に有益です。
 
4. 集中力とモチベーションの維持
対面型スクールでは、教室内での集中力が維持しやすいという利点もあります。自宅での自己学習では、他の誘惑や気分の浮き沈みに左右されがちですが、教室内での集中力は高く保たれます。
 
5. スクールの環境と設備
パソコンや編集ソフトなどの設備をスクールが準備しているため、自分の機材を持ち込む必要がありません。また、スクールの環境はガラス張りの開放的な空間で学習に適した設計がされています。快適な学習環境が整っています。
 
対面型動画スクールは、ビデオ制作を本格的に学びたい人にとって非常に有益な形式です。プロフェッショナルから直接指導を受けることで、実践的なスキルを短期間で習得し、将来のキャリアに活かすことができます。
 
 
動画スクールPAVIOSでは、動画編集を学べる講座を対象に応じて2つご用意しています。
1つは、副業や趣味を極めたいという個人向けの「Premiere講座」です。
講座修了後も副業支援として、様々な支援策をご用意しています。副業を目指す皆さまは、最終的に案件紹介までチャレンジしてみてください。
 
詳しくはこちら。
https://jp-pavios.com/premiere.html
 
 
また、企業内製化を目指す企業様には、「動画編集リスキリング講座」をご用意しています。
こちらは、助成金に対応した講座となっています。
助成金を申請し、採択された場合、
75%の経費助成が可能です(大企業 60%)
 
詳しくはこちら。
https://jp-pavios.com/reskilling.html
 
助成金や講座の内容を直接聞きたい。
という方には、無料オンラインセミナーを開催します。
 
日時
2024年5月29日(水)14:00-14:30
 
お申し込みは、こちら。
https://jp-pavios.com/setumeifoam.html
 
 
#助成金,#リスキリング,#企業,#動画編集,#事業展開等リスキリング支援コース,#人材開発支援助成金,#企業研修,#動画スクールPAVIOS,#動画スクール,#中央線沿線,#三鷹市,#立川市,#武蔵野市,#小金井市,#国立市,#国分寺市,#調布市,#西東京市,#杉並区,#中野区,#世田谷区,#動画制作,#映像,#映像制作,#対面型指導,#直接指導
]]>